FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Honda フリード



Honda フリードにもハイブリッドが発表されました。当時、フリードも検討したのですが、タコメーターが

ないのと車両価格に大きな開きがあったので、デミオにしました、。オレの場合、タコメーターは

必須です。フリードハイブリッドは220万から。手が届くわけもありません。あの柄の大きさから、運動性能も

オレの運転には合わないでしょうし。(でも、最近はもっぱら安全運転です。)

さて、燃費の件ですが横浜の市街地走行ばかりだと、Go and Stopの連続です。13~15がいいとこです。

オレにとっては、これでも十分です。今までのキューブはどうやっても、10しか、走りませんでしたから。

写真は、オレのパジャマを抱えて眠る『ちゃま親方』です。



スポンサーサイト

Honda


デミオで横浜名所案内、その一



デミオで横浜名所案内、一発目です。

横浜ベイブリッジ、下からのアングルです。橋の下に『スカイウォーク』という有料の遊歩道がありましたが、

何年か前、利用者の少なさから閉鎖されてしまいました。残念。

Yellow Jason



今頃ですが、Yellow Jasonを知り合いの方から譲っていただきました。

昨年、平日に予約受付、サラリーマンに手に入る訳ありません。

カミサンに走ってもらいましたが、間に合いませんでした。

月九のドラマで竹野内豊の江の島水族館の部下がつけていまして、歯軋りして見ていました。

どうにか手に入れることが出来ました。めでたし、めでたし。

今日の一本。




さて、Casual Fridayであります。

今日の一本はLeeのWesternerです。とっくに廃番のモデルです。Made in Japanです。作りがいいです。

秋らしい色です。シャツはかなり前、ユニクロがモータースポーツをモチーフにしたシャツを作りましたが、

その一枚です。当時、オレは下着と靴下しか買わないユニクロでこんなものが手に入るとは思いませんでした。

Agipたって、ふつーの人は何だか分りません。今は、Eniという名前に変わった石油の会社です。

顔を隠している帽子はご存じ、ゼッケン46、バレンチーノロッシです。

オレはモータースポーツが大好きです。(F1を除く)特に、Moto GPの大ファンです。

オフの日は、必ずそういうものを身につけています。ロッシの帽子が多いかな。

どうも、Weekdayは総本部のように日常的に車に乗ることはありませんから、デミオねたはありません。

期待して読んで下さる方(そんな人はいませんか)すみません。

どこでも寝られます。




前の記事があまりにつまらなかったので、寝顔が子供のようでもあり、オヤジのようでもあり・・・・・。

ウチは四人家族です。オレとカミサンと娘とおふくろ。オスはオレとこいつだけ。

オレの昼飯



糖尿病につき、食事の制限を受けています。

画像のバナナ、シリアル、水筒の中は牛乳です。胃の中のシリアルが牛乳で膨らんで

どうにかこうにか、夕食までもたせます。結構、きついです。

話が変わって、オレのうちでは電化製品がよく壊れます。電球など一か月に一度では済まないくらい切れます。

玄関、室内のダウンライト。ゲーム機もよく壊れます。昨日の画像を見るとテレビラックの中にPS 3が

二台納まっています。予備がないと安心してゲームが出来ません。

新型の発売前日にPSPが逝ってしまい、やりかけのRPGが続けたくて、当日旧型を買いに行った覚えが

あります。店員が???してました。浪費癖は治りませんね。

オレみたいなひとばっかりだったら、少しは個人消費が景気を刺激・・・・・するわけないか。

綺麗な画像で見たいですね。



オレは家電オタクではありませんが、テレビは大好きです。(ハードとして)

もうこれで、Braviaは三台目です。家のテレビは4台すべてBraviaです。(ソニーのまわし者か!)

これはBraviaの40LX5000です。3Dテレビです。お買い得、メガネが二つ付属しています。

前面に硬質ガラスが張ってあって、電源を落としているとただの黒い板に見えます。

(モノリシックデザイン=2001年宇宙の旅。知ってるかなあ)通常の液晶の摺りガラスのような表面と

画面を押すと滲むのと、雑巾なんかで画面を拭けないのが気に入らず、今年になって買い換えました。

これは全部大丈夫。ただし、このサイズとしてはすっげー重たいです。サラウンドもつけていますが、

『ちゃまさま』が驚くので、大きな音は出せません。(意味ないじゃん)

もともとは、ゲームのため、Cable TVのためです。これで、海外ドラマ、映画を見まくりです。

土日のオレのライフスタイルはリビングの床に寝ころんで、一日テレビ鑑賞が主体です。

たまに、車いじり、ドライブなど。

女性はこういうものに、ほとんど興味はないようですね。

前のテレビと比べて、『明るいでしょう!』(バックライトがLEDですから)、『動きがスームーズでしょう!』

『デザインがいいでしょう!』(スピーカーが下を向いていて、前面からは見えません)を『そうね。』の

一言です。女性の場合、見えればいいんでしょうけど・・・・・。

アーティスティック




デザイン上、非常にデコラティブなデミオですが、小さな車ということで許容の範囲となってしまいます。

2リッタークラスでこのデザインだとかなりうるさく感じると思います。

塊感というか、塊から削りだしたようなデザインは他のコンパクトカーにはありません。

一種のアートです。大好きです。

ちゃまさま。



しろ犬王子の『ちゃまさま』です。

『あれ、いないなあ?』と思うと、ちゃっかり寝室でカミサンの枕を使って寝ています。

オレの枕は使いません。やっぱり、オヤジの加齢臭は犬にとってきついのか?!

オレと違って、よだれは垂らしません。結構、綺麗好き。

有難うシモンチェリ。

Autumn Leaves

多くは言いますまい。

有難うシモンチェリ。御苦労さまシモンチェリ。

性懲りもなくG SHOCK



性懲りもなくG SHOCKであります。イエロージェイソンを手に入れそこなったので、うれしいです。

今月発売の復刻ジェイソンです。一番人気のダークブルーです。予約で完売では、手に入れようもありません。

どうにか手に入れることが出来ました。何故、欲しい人には全員が買えるような量を作らないのか??

少量生産で、人気を煽ろ。CASIOの常套手段です。ユーザーは怒ってます。当然です。転売屋の思うつぼです。

思えば、『転売屋』みたいな商売が生まれたのはG SHOCKがきっかけだったような気がします。

CASIOは今後も、転売屋とぐるになって商売するでしょうね。

明日は、MOTO GPマレーシアの決勝です。PETRONASのおひざ元、ロッシ頑張れ。

今日の一本。




Casual Fridayです。

今日はEdwin 503です。定番の品番なのですが、本当の品番はBT 5011です。生地はポリエステルの方が

多いです。

これはジーンズとは呼べません。でも、生地はくたくた、柔かくて手触りもいいです。はき易いです。

結構お気に入りです。映っていませんが、Jacketはお店ではめったに見ない、『Blueway』です。

オレは、気に入るとそのシリーズの全色を揃えないと気が済まない性格です。これも色違いで、4本持っています。

しっかし、サイズの話なのですが、よく偶数サイズしかないものがあります。オレは33がBestなのですが、

これは32微妙です。いつからなのでしょう??ジーンズのサイズって、すっげーいい加減です。

実際、オレが32なんか入るわけありません。81cmなんですから。オレの実際のウエストは88cmくらいあります。

メーカーさんのカタログをネット上から見に行くと、32 Inch - 81cm - 実際に計ったサイズが表記されて

います。オレは結構、通信販売が好きなのですが、ボトムと靴だけは実際に足を運んでお店で買います。

娘曰く、『LよりM、MよりSが着れたほうが嬉しいでしょう。女性ものはみんなそうだよ。』ということ

らしいです。おやじには妙な世の中であります。





デミオ賛歌



7月末の納車以来、週末は結構遠出をしました。

お金と時間的な余裕がないので、日帰りです。

トータル8時間以上運転するのはざらですが、思ったより疲れは少ないです。

『疲れ』って、肉体的なものや、目を使った神経的なものも大きいですが、『車を思い通りに走らせられない』

いらいらも大きいと思います。思った通りのラインをトレースしない、パワーがなくて坂道を登らない、発進が

とろい、等々。このストレスがかなりのものと思います。(オレだけかも)

そのデミオはそのストレスが小さいです。

実際、3,000 Km近く走らせてみて、『燃費スペシャル』的な、何かしらを我慢するものはありません。

もともと1.3しかありませんから、動力性能的には見るべきものはないだろうと思っています。

(こんなもん、こんなもん)

それに比べて、シャーシのキャパシティはもうけた外れに高いです。

車好きの方はドアを閉めた時の音で、車体剛性の高さが判るといいます。この車はまさにそのとおり、

ドアの開閉音だけで、剛性の高さがうかがい知れます。かなりハードなコーナリングをしても、車体がよじれる

ような感覚はありません。コーナリング自体も、前輪から巻き込むように曲がるのではなく、車体全体で向きを

変える感覚です。これはいけます。

この車は、圧倒的に小さいです。テストドライブの時、キューブ、ラクティス、ヴィッツ、マーチと高速の駐車場

で並びましたが、マーチと同じくらい。一番小さいです。日本のコンパクトカーがミニバン化するなか、異端児

です。デザインも秀でています。オレの中では、買いたくても、変えなかったCR-Xに近いです。この小ささが車体

剛性と運動性能に反映されています。

この車は低燃費を前面に押し出して売っていますが、実は、かなりのスポーツ好きが乗っても満足するモノを

持っています。(動力性能以外)。ともすると、女性向けと受け取られかねませんが、もったいないです。

実はこういうことって、オーナーになって暫く走らせてみないと判らないことです。

でも、いいか。オレは他人と被ることを第一に嫌います。富士五湖テストドライブでも、

日光テストドライブでも、同じ車を見ませんでしたから。

Skyactiv自体は認知されているようです。東北自動車道で短い時間ですがエコランした時に、後ろから

クラクションを鳴らされるようなことはありませんでした。

Demio Skyactiv、意外と男性にもお勧めです。

読むのが面倒になるくらいの長文になってしまいました。ごめんなさい。

 

デミオの不満点、その三。



こいつが、一番効きます。

オレのやる気(なんの?)を強烈にそぎ落とします。

バックミラー越しに除く、鉄板むき出しのリヤガラス回り(ブルーの部分)。樹脂の簡単なライニングでいいん

です。どうにかなんなかったんですかね。ここば一番の不満点です。もう重量は一トンきれないのですから、

大した重量増にならないでしょうに。

納車、2か月。普段はカミサンの足で、週末はオレが運転するパターン。唯一ここが気に入りません。

実はいまだに、デミオのハンドルを握るとわくわくする気持ちがあります。

でも、この部分が目に入ると凹みます。この車は手抜きや、『このクラスの車だから、こんなもんで・・・。』

的な部分がほとんどありません。モデルチェンジの際、なんとかなれば・・・・・。

あまり、不満点ばかり書くと読んでくださる方が少なくなって(もともと、少ない)しまうので、

もう一点、書いて終わりにします。

それは、着座点がかなり低いため、ドアを大きく開けないと、乗り降りしづらくて、前席側は乗り降りで、

車内のタイヤハウスに近いサイドシル部分と、ドアのヒンジに近い部分のドアの下部に靴があたって汚れること

です。

これは、運転席側も、助手席側もいえます。

以上、約2か月以上乗ってみた上での不満点です。

動力性能とか、CVTのもたつき感(CVTって、もともとこんなもんです。)とかには、別段不満はありません。

あっ、そうそう、夏場のなのですが、エアコンオンで上り坂で信号停止、I-Stop後の再発進で

飛び出し防止機能と、エアコンの負荷で、発進ががとんでもなくもたもたする場合があります。

オレには、危険を感じるレベルです。

明日からは、Demio賛歌ということで褒めちぎります。



デミオの不満点、その二




こんな肩幅の狭い人間がいるでしょうか??

リヤのピローが三個、無理しすぎです。例えば、横にスライドできてある程度、間隔を調整できるなら

まだしも。デミオのリヤシートに三人はかなりきついです。

幸い、ウチは4人家族ですし、リヤ―シートに三人はあり得ません。よって十分です。

デミオの場合、新垣結衣曰く『家族でコンパクトカー』はあり得ません。他の車種を選んだほうが無難です。

ウチのような、子育ての終わった家族は別ですが。

デミオの不満点、その一



数少ない、デミオの不満点です。

狭い車内に、結構大きなセンターコンソール。CVTのセレクターがあるだけです。

囲まれ感でコックピット感を演出したいのは、分りますが、

左足はこの大きなセンターコンソールに接触しっぱなしです。

ヨーロッパではオレより、大きな人も乗るはずです。

もう少し、小さくしてもらいたいものです。

やっぱり、バニティミラーが運転席側にあることをみると、女性ユーザーーゲットなのでしょうか??

ロッシ転倒、ストーナー年間チャンピオン決定



雨のため、荒れたレースでした。

ストーナーおめでとう。青山のSuper Bike移籍も発表。

Honda 1, 2, 3, 4。

それより、朝のウォームラップセッションで救急車で運ばれたロレンゾを気遣うストーナー。

ちょっと、ぐっと来るシーンでした。

ロッシ、予選13位に沈む。



抜本的な解決策がないようです。

またも、下から数えた方が早い順位です。このままだと、契約を残して引退かも?

ところで俺は糖尿病なのですが、本日、先日の検査結果で血糖値が300を超えてしまいました。

本気で、体重を削ることを考えねば。(今80 Kgs.)

ロッシ、yosenn


今日の一本。



さて、本日はCasual Fridayであります。

Levi's 507 Orange Packageです。糸やパッチ(見えませんが)がOrangeです。

他にシリーズで、White Package, Purple Packageがあります。

残念ながら、日本製ではありません。割とルーズな一本です。

週末はMoto GPです。

頑張れ!ドビジオーゾ、バウティスタ。あの三人(ストーナー、ペドロサ、ロレンゾ)は速くて当たり前。

今のGP Rider、Moto 2のイアンノーネみたいな気力を前面に出して走るライダーが少なくなりましたね。

ガードナー、シュワンツ、セテ等々、モチベーションが高いと120 %の力を出してましたね。

でも気力が萎えるとがっくり、みたいな。

加藤大治郎が亡くなった時のセテがそうでしたね。火の出るような闘志が見えましたね。

でも、その年も結局は帝王ロッシの手の中で遊ばれただけでした。

ロッシのすげーとこは、レース終盤まで90%くらいの力で、他のライダーとバトルをするふりをしていて、

残り、5週くらいで95 %くらいの力で悠々と他のライダーを引き離すとこです。これは彼のけた外れの

マシンコントロール能力がなせる業です。

『おまえら。ここからブレーキングかよ、おれはここまで我慢できるんだぜ。』、

『おれはここから、アクセル開けられるんだぜ』、

『本当のおれのベストラインはここだぜ。』

とやられると、ファンは狂喜ですが、それまでのバトルで疲弊していたライバルは完全に闘志が

失せます。要するに、ロッシはレース全体のペースを自分の思い通りにしてしまいます。

中盤でうっかりコースアウトしたような場合は、もうそこから100 %の全力走行。あっという間に追いついて、

追い越して、ぶっちぎりでゴール。何回か見ましたね。

ロッシの前に、こういうタイプのライダーはいませんでした。飛び出してぶっちぎり先行逃げ切りタイプ

(スペンサー、レイニーなんか)か、差し馬タイプ(シュワンツ)に大別できました。

ロッシは滅多に転倒しませんでした。ハイサイドなんぞ瞬時の加重移動で観客も気がつかないくらいの

瞬間で収束させてしまいます。

でも、最近はこれが出来なくなったのは明らかです。ロッシも歳です。反射神経が鈍ってきている

ような気がします。でも、好きだよ。ロッシ。← ロッシのこととなると長げーな!

でも、レイニーが一番好きです。はははは。

ドビジオーゾ、Tech 3 Yamahaへ




ああ、がっくりであります。

LCRでシモンチェリのように、ワークスマシン貸与もありかと思っていましたが。

まさか、Yamahaとは!。明らかなワークス落ち。生粋のHonda育ちのライダーを放出するとは。

サテライトのチームは欲しい人でしょうね。

今週のレースで大暴れして、Hondaを慌てさせると面白いですね。

実力的にドビジオーゾはBig 3(ストーナー、ペドロサ、ロレンゾ、既にロッシは枠外)にあと一歩です。

Yamahaのサテライトでは彼の実力が発揮できるのか???

頑張って、再来年はスピーズの後釜へ。スピーズ(もともと、Suzukiのライダー)はバウティスタが孤軍奮闘

するSuzukiへ。となるといいですね。

本日はMoto GPのお話でした。

写真は深大寺の木陰で佇まれる、『ちゃま様』です。先程は本文を書かずにアップしてしまいました。

すみません。

ドビジオーゾ,


犬嫌い。



実はオレは犬が嫌いです。幼稚園のころ、通園途中に怖い犬がいて、それがトラウマになりました。

それが、今じゃ、犬とカミサンと川の字です。変われば変わります。こいつは『枕』が何であるかを

知っています。絶対踏んだりしません。こいつのおかげで『犬友』も出来ました。

おれたち夫婦はどちらかというと、人見知りで初対面の人と話すようなことはあり得なかったのですが、

こいつを仲介にして、今では平気です。

犬の怖いところは、何もない一点をずうっと見ている時があります。いったい、何が見えているのか??

怖がりの娘の部屋は、『スラープラチナ』(←判る人には・・・)睨みを効かせています。

さらばロータリー



なにも、言いますまい。

さらばロータリー。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

LED



バックランプもLEDに換装しています。わずか、二千円弱の投資です。

オリジナルに比べれば、かなり明るいです。

全車に標準装備すれば、かなりコストも下がると思います。

ポジションランプとか、室内灯も換装していますが、何故、最初から標準装備しないのか、

判りません。アフターマーケットへの配慮とも思われませんが・・・・・。

ブルー三態



G Shockのブルー、デミオのブルー、カーボンドアプロテクターのブルー、それぞれ色味が違います。

同じものなら、赤系を選ぶオレがデミオ購入以来、青系を選んでいます。変わりました。

何個あるか分からないG Shock。デミオに乗るときはいつもこれです。

ところで、富士五湖のときも、日光のときも、同じ車を見ませんでした。予定より売れているそうですが、

ここ横浜では、街中でもあまり見ません。人と被るのを何より嫌うオレにとっては、いいことですが・・・・。

あいも変わらず、G SHOCK。



あいも変わらず、G SHOCKであります。

9月末に出た、Men in Smoky GrayのGulf Manです。買うたびに『これが最後』と思いつつ

もう五年です。Gulf Manも型が変わって、日付と曜日を一緒に表示するようになりました。

ソーラーで電波受信、使いやすいです。

G Shockは白、赤、青、黄、緑、まだら、買いあさった結果、黒に行きつきます。

マニアならご存知の通りです。

日光テストドライブの補足



先日の日光テストドライブの補足であります。

出発時は、小雨でした気温も低くて、エアコンは全く使いませんでした。

従ってあの、高燃費であります。

いろは坂は、下から上げってきたTuned(排気音で判ります。)のHonda S2000を発見し、どのくらいついて行けるのかと思い、追いかけてしまいました。これが、結構いけるのです。『やるな、デミオ!』上り坂ですから、ストレートで引き離されますが、コーナリングスピードはほぼ同等です。S2000のドライバーは流していたつもりかもしれませんが、それでもこの車の運動性の高さを十分感じることが出来ました。いろは坂は二車線です。多分事故が多いせいと思いますが、タイトコーナーには必ず、車線を分けるラインにチャッターが打たれています。
これではOut in Outで走れません。下りですが、観光バスも苦労していました。燃費がかなり落ち込んだのはこのせいです。

当日、午前中晴れ間がのぞいてからは、気温が上がり、帰路は一般道は窓を開けて走行していましたが、
高速へ上がってからはそうもいかず、エアコンを入れての走行となりました。いちばん左の車線を80Kmくらいで
エコランしようと思ったのですが、以外に、流れが速く、追い抜かれてばかりなので周囲の迷惑を考え、結局中央車線を80~110くらいで流しました。

これで、この数字です。立派なモンです。

『頑張ったな、相棒!』

エアコンを使わず、S2000を追いかけず、淡々と流していたら、25を超えていたでしょう。

燃費に一番響くのはエアコンです。

なんとか、エアコンの負荷を軽減する方法はないのでしょうか?

コンプレッサーをエンジンからではなく、バッテリーからモーターで回すとか・・・・・。

オレは、エコランで出した数字は、実際に車を使う上で現実的ではないと考えています。

ナニかを我慢した運転は、ストレスが溜まります。実際にはそんな運転はしません、第一、危険です(S2000を追いかけた男の言う言葉か!)し、周囲に迷惑です。

最後に、

フロントガラスが虫の死骸で全く汚れていなかったこと、

小雨の朝の走行で、フロントガラスの雨粒が高速走行にも関わらず、すごくゆっくりと撥水加工されたフロントガラスを登って行ったこと、

高速走行で風切り音をほとんど感じられず、ロードノイズばかりだったこと(185/55 Dunlop Enesave, 15 Inchへ換装済み。オリジナルのままだったら違っていたかも、風切り音が嫌いなので、ウィンドウバイザーをつけていません。)

を付け加えます。

さあて、次はリッター25を目指して、どこへ行こうか、

なあ、相棒!

今日の一本。



遅れましたが、Casual Fridayです。

今日の一本。LeeのRiders Strideです。一番のお気に入りです。ローライズでもなく普通です。

厚みはバッチリ14 OZ。もう、日本ではHeavy OZの部類に入ります。Made in Japanであります。

縫製バッチリ。隙がありません。LeeもWranglerもEdwinがライセンス生産していますが、Leeが一番です。

ところで、オレは持っているデニム(50本以上)はすべて、Boots Cut, Bell Bottom, Shoe Cut、

Baggyで、すべて裾の広がったタイプです。Straight、Slim、Skinnyは一本もありません。

ピーコック世代(クジャクはメスよりオスの方が派手)です。ほとんどV Zoneが埋まってしまうくらいの度派手な

ネクタイにスーツ、20CmのLondon Bootsを履いていた世代です。裾の細いものははけません。

今は、ただのデブですが、当時は 60 Kgs.弱でした。数少ない昔のオレの写真を見て、娘が驚いていました。

(かつ、大笑い。)

多分、バイクに跨っているか、車の前で決めている写真だと思います。先日ぞろ目の55になってしまいました。

まだまだ、懲りません。
プロフィール

oyajigamer104

Author:oyajigamer104
ご覧いただきまして、有難うございます。
車好き、ジーンズ好き、音楽好き、ゲーム好き、おもちゃ好き、ウェスティ(犬種)好きの変なオヤジの独り言です。最近、Demioを購入しました。Skyactivなる新しいTechnologyの車です。長い時間を掛けてモニターしようと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。